開発と応用が進む画像診断!その違いは何?

身体を傷つけないで中身を見られる画像診断

医療において複雑な病態になればなるほど身体の外側だけではなく内側を観察したいと考えるようになります。そのために昔は手術をしなければなりませんでしたが、今日では画像診断法が広まっているため、身体を傷つけずに多くの情報を得られるようになりました。レントゲンや超音波、CTスキャン、MRIといった手法が典型的なものであり、必要に応じて現場では使い分けられています。これらはどういった違いがあるものなのでしょうか。

画像診断の方法によって異なる線源

レントゲンはX線を用いて写真を撮るものであることは比較的良く知られています。その透過性の違いによって像を移すものであり、CTスキャンはこれを身体の全方向から行うものというのが単純な理解として十分なものでしょう。これらがX線を利用するのに対して、超音波検査では超音波を利用し、MRIでは磁場を利用することによって身体の内部についての情報を得る手法です。こういった波長の違う線源を利用することによって異なる情報を手に入れているのです。

画像診断法の身体への影響への懸念

画像診断法では異なる線源を用いて身体の内部を見るということをしています。そのためにはX線や磁場、超音波を身体に受けなければならなくなるのは事実であり、手術のように出血を伴うような傷害はないものの、ある程度の身体への影響は懸念しなければなりません。X線は被ばくしすぎると健康に害があることはよく研究されており、被ばく量が厳密にコントロールされています。磁場や超音波が身体に与える影響についてはまだ未解明な面も多く、現状では比較的安全な方法であると考えられています。

医療用水設備があれば治療に使う為の清潔で高品質な水を低コストで精製することが可能になって非常に便利です。