自分でVIO脱毛するでデメリットについて知っておこう!

脱毛するのが意外と難しい

薄着の季節になると脱毛が必要となってきますよね。腕や足であれば永久脱毛したい!と思う人も多いようですが、水着の季節だけ脱毛する事が多いVIOはわざわざ脱毛サロンなどに通わなくても、と思う人も多いでしょう。また恥ずかしいという気持ちもあるので自分で処理してしまう人もきっといますよね。しかし自己処理は簡単にできますが、デメリットもあることを知っておくと安心です。まずVIO部分は自分ではなかなか見えにくい部分なので脱毛するのが難しく、傷をつけてしまう可能性も高いのです。

黒ずみの原因になってしまう

VIOラインは常に下着に密着していたり、また摩擦が起こりやすい部分でもありますよね。通常でも摩擦によって黒ずみやすいのにカミソリなどで剃ってしまうとさらに黒ずんでしまう原因になってしまうのですよ。1回や2回などではすぐに黒くはなりませんが、何度も繰り返しているといつの間にかあれ?という事になってしまうのですよ。普段は見えない部分だとしても綺麗な肌は保っておきたいですよね。またデリケートな部分なので毛抜きを使って抜いてしまうと痛みが強かったり炎症を起こしてしまう事もあるのですよ。

生えてくるとこんなことも

自分でVIO脱毛するのは慣れてくると簡単ですが、慣れないのが生えてくるときのチクチク感でしょう。自己脱毛したことがある人なら共感できると思いますが、VIOラインは脱毛すると生えてきた時とてもチクチク痒くなってしまうのです。仕事中や電車に乗っている時など痒みが出てしまうととても困ってしまいますよね。VIOを自分で脱毛するとこのようなデメリットもあるのですよ。やはり専門のサロンなどで脱毛してもらうのが安心ですよね。

VIOライン脱毛とは、女性のデリケートゾーンの脱毛のことです。エステティックサロンなどで、人気の施術です。